【電球】「電気つけっぱなし」は月いくらになる?白熱電球、蛍光灯、LEDタイプで比較

こんにちは、電気代が気になる主婦みーこです。

身の回りの家電の電気代を主婦目線でどんどん計算していきます\(о♡∀♡о)/

今日のテーマは、照明(白熱電球、蛍光灯、LEDタイプ)です。

「また!電気つけっぱなし!!」ってよく怒られる主婦です。明るいのが好きなんだ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

目次

  • 白熱電球・豆電球の電気代
  • 電球型蛍光灯
  • LED蛍光灯
  • 丸形・直管の蛍光灯
  • 我が家の電気つけっぱなし問題
  • まとめ

白熱電球・豆電球の電気代

白熱電球の魅力は、やっぱりあたたかな光ですね。蛍光灯の昼光色タイプもあるけど、出てくる光の筋がやっぱり直線的というか、白熱球の自然な広がりはならではといったところです。

がっ、電気代がお高くついちゃう憎い奴です(* ・Д・)/

白熱電球

100Wタイプ/60Wタイプ

■1時間当たり
2.7円/1.6円

■6時間当たり
18円/12円

■6時間を1カ月継続
お・お・よ・そ 500円/300円

ちょっと100Wのつけっぱなしは怖いですね。つけっぱなしする場所は白熱電球は避けた方が無難デス(`・ω・´)/

豆電球

ナツメ球5W

■1時間当たり
0.1円

■6時間当たり
0.6円

■6時間を1カ月継続
お・お・よ・そ 25円

豆電球って白熱電球の仲間っぽいけど、電気代はマメマメで全然こっちは可愛いです。

電球型蛍光灯


お値段もお手頃でよくお世話になっています、電球型蛍光灯。

100形/60形(Panasonic EFD25ED20E/EFD15ED11E)

消費電力は「20.0W/11.0W」です。

■1時間当たり
0.5円/0.3円

■6時間当たり
3円/2円

■6時間を1カ月継続
お・お・よ・そ 100円/50円

白熱球100W/60Wの1カ月500円/300円と比べると5分の1~6分の1になりましたヾ( ̄ー ̄ )ノ

LED蛍光灯


初期投資の余裕があれば、LED電球でもっと節約したいです。

100形/60形(Panasonic LDA13D-G/Z100E/S/W LDA7D-G/Z60E/S/W/2)

消費電力は「12.5W/7.1W」です。

■1時間当たり
0.3円/0.2円

■6時間当たり
2円/1円

■6時間を1カ月継続
お・お・よ・そ 60円/35円

電球型蛍光灯の100形/60形の1カ月100円/50円と比べると6割~7割になりました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。

丸形・直管の蛍光灯

電球型じゃなくて、ザ・蛍光灯な感じの蛍光灯も見ておきたいと思います。

蛍光灯(丸型)


よく見るのが、2重になってるもの、1重でつけたり2重でつけたり。
電気代はどのくらいでしょうか。

30形/32形/2つ合わせて30形と32形(Panasonic FCL3032EDWM2K)

消費電力は「28W/30W/2つ合わせて、58W」です。

■1時間当たり
0.8円/0.8円/1.6円

■6時間当たり
5円/5円/9円

■6時間を1カ月継続
お・お・よ・そ 150円/150円/300円

2本つけっぱなしにしなければ、それほど心配ない電気代。やっぱり蛍光灯は頼りになるなぁ。

蛍光灯(直管)


そういえば、お家で直管って珍しいでしょうか。せいぜい1本付けと想像して。

20形(Panasonic FL20SSEXD18J)

消費電力「18W」です。

■1時間当たり
0.5円

■6時間当たり
3円

■6時間を1カ月継続
お・お・よ・そ 100円

ついているとしたら、ガレージとかかな~。うっかり消し忘れも100円程度と思えば安心かな~。

我が家の電気つけっぱなし問題

明るいのが大好きな主婦ですが、何かと怒られちゃうので、消すようになりました。
でもついつけっぱなしの電気には以下の所があります。

寝ている間、豆電球

真っ暗では、眠れません。すみません。

1日6時間つけっぱなし、1カ月はおおよそ「25円」

うむ、いいでしょう。消し忘れも安心。

寝ている間、階段の(丸型)蛍光灯

トイレに行くとき真っ暗だと怖いから。落ちるかもしれないからという理由で。

(丸型)蛍光灯の1日6時間つけっぱなし、1カ月はおおよそ「300円」

うーむ、ちょっと高い。そして、ここ特に日中も消し忘れが多い所なんですね。

できれば、階段の下、1階の玄関あたりの電球型蛍光灯(60形)にすれば「50円」で済む。これで6分の1です。変えようかな。

トイレ

わが家唯一のLED電球(60形)。ついつい気が緩みます。。(言い訳)

1日6時間つけっぱなし1カ月「35円」

いいじゃん、大目に見てよ~って思ってしまう、ここは心がけしだい。

まとめ

電球型と丸形・直管型についてまとめてみました。

電球型

6時間つけっぱなしコース(単位は円)

1カ月おおよそは白熱電球で最大500円でした。蛍光灯は白熱電球の5分の1~6分の1。LEDは蛍光灯のさらに6~7割。

白熱電球も好きでこだわりがある場所ならいいと思いますが、何となく白熱電球なら、早めに蛍光灯かLEDに切り替えておきたい所かと思います。

つづいて、24時間つけっぱなしコース(単位は円)

単純に4倍ですが、さすがに24時間つけっぱなしだと、白熱電球はまずい。
でも、豆電球~LEDならつけっぱなしも慌てないです。

丸形・直管型蛍光灯

6時間つけっぱなしコース(単位は円)

丸形も直管もつけっぱなしにするなら1本にしておいた方が無難(* ・Д・)/

24時間つけっぱなしコース(単位は円)

24時間つけっぱなしの場所は、できれば電球型の蛍光灯かLEDに変えてみるといいかもしれません。明るさ足りれば。24時間つけっぱなしでも、電球型(60形)なら200円、LED(60形)なら150円に抑えられます。

そういえば、防犯のため、留守中は電気をつけっぱなしにする家があると知りました。それはそれで不気味じゃないって思うんですが、長期留守するなら白熱電球は電気代を気にしてみよう。安全には変えられないですが。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする